評価事業

現在「評価事業」では、
2つのカテゴリにて運営されています。

福祉サービス第三者評価事業

宮城県福祉サービス第三者評価機関

福祉サービス第三者評価事業のご案内

株式会社福祉工房は、東北福祉大学の関連企業として、地域福祉の推進のため大学と連携し活動をしてまいりました。さらにこれからは、福祉サービスの利用者がより安心で質の高いサービスを受けることができるよう、第三者評価事業における評価機関として活動をして行きたいと考えております。

●福祉サービス第三者評価とは?
  • @利用者の適切なサービス選択の為の情報提供
  • Aサービスの質の向上を目指す経営者への支援を目的とし、当事者(事業者・利用者)以外の公正、中立な第三者機関が、専門的かつ客観的な立場から事業者を評価するものです。
●何を評価するのか?
  • 経営理念に基づき提供される福祉サービスの体制と状況、福祉サービスの質の向上に向けての全組織的な取り組み、利用者とのコミュニケーション、介護技術、生活環境などについて専門的・客観的な立場から評価します。
●第三者評価のメリット
  • @客観的な視点でサービスを絶えず見直すことができる。
  • A自分たちでは気づかなかったニーズを把握することができる(改善点が明らかになる)。
  • B自らサービスの改善状況を把握できるとともに、その状況を利用者に知ってもらい、安心して利用してもらうことができる。
  • C受審過程において役職員の自覚と改善意欲が醸成される。
  • D目標の明確化、共有化、効率化により、収益の向上や働き甲斐に寄与できる。
  • E組織的サービスとしての水準の維持を図ることができる。
  • F評価内容を公表することで、セールスポイントをアピールすることができる。組織の情報開示、経営の透明性が図られ、利用者及び地域社会からの信頼を獲得できる。
  • G結果として、サービスの質の向上(利用者満足、職員満足、経営的満足、地域社会満足)が実現する。